Netflixオリジナル「Shadow and Bone」実写シリーズの最新情報


Netflixはグリーシャの騎士団の活躍を描いたリー・バーデュゴのデビュー小説「Shadow and Bone(原題)」を実写化予定だ。

グリーシャと呼ばれる超能力を持った異世界を舞台に、怖るべき魔力を備えた女戦士が世界を救おうと冒険に出るファンタジー小説。“グリーシャ3部作”と呼ばれ「Shadow and Bone」はその第1作目にあたる。

「Shadow and Bone」のショーランナー(現場責任者)を務めるのはエリック・ハイセラーだ。ハイセイラーは、アカデミー賞にノミネートされた『メッセージ』や、『バード・ボックス』『遊星からの物体X ファーストコンタクト』などの脚本を担当してきたヒットメーカー。

ショーランナーのエリック・ハイセラー、作家のリー・バーデュゴ

シリーズの監督リストには、TVショー界で引っ張りだこのジェレミー・ウェッブも含まれているという。彼は 『ドクター・フー』『アンブレラ・アカデミー』『パニッシャー』『オルタード・カーボン』などのエピソードを手がけてきた実績がある。

さらにグリーシャの世界で用いられる架空の言語を制作するのは、『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウィッチャー』を手掛けたデイヴィッド・J・ピーターソンが起用されている。

Grishaverse - Grisha trilogy

Netflixのシリーズ化は原作に基づいているが、作家のリー・バーデュゴは以下のコメントを出している。

そのショーは小説とは根本的に異なるでしょう。でもそれは驚くべき方法で。多額の製作費をかけたファン・フィクション*になります。

*原作者ではなくファンによって書かれたフィクション

「Shadow and Bone」のキャスト情報

▲左からベン・バーンズ、キット・ヤング、フレディ・カーター、ジェシー・メイ・リー、アーチー・ルノー、アミタ・スマン
  • アリーナ・スターコフ役:ジェシー・メイ
  • キリガン役(別名ダークリング):ベン・バーンズ
  • カズ・ブレッカー役(別名ダーティハンズ):フレディ・カーター
  • マリエン・オレツェフ役:アーチー・ルノー
  • ジェスパー・フェイヒー役:キット・ヤング
  • イネジ・ガファ役:アミタ・スマン
  • マティアス・ヘルヴァル役:カラハン・スコグマン
  • ニーナ・ゼニク役:ダニエル・ギャリガン
  • ゾーヤ・ナジヤレンスキー役:スジャヤ・ダスグプタ
  • ジェニヤ・サフィン役:デイジー・ヘッド

撮影を含む制作は2019年10月に始まり、2020年2月に終了しているという。「Shadow and Bone」の公式Twitterアカウントでは舞台裏の写真を投稿している。

@GrishaNetflixTV/Twitter

シーズン1のリリース情報

シーズン1は全8話で構成される予定だ。

エピソードタイトルも公開されているが、順番は不明となっている。現時点で 1話と5話分の順序が明らかになっている。

  • A Searing Burst of Light (Episode 1)
  • Show Me Who You Are (Episode 5)
  • No Mourners
  • Otkazat’sya (“Refuse” in Russian)
  • The Heart is an Arrow
  • The Making at the Heart of the World
  • The Unsea
  • We’re All Someone’s Monster

新型コロナウイルス感染の影響前に撮影は終えている為、現在ポストプロダクションチームが編集に取り組んでいる段階だ。

リリース日は、2020年末か2021年初めが濃厚。今後数ヶ月のうちに正式発表されるだろう。

[Source] whats-on-netflix

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA