Netflixオリジナルドラマ「ラチェッド」シーズン1、9/18配信決定!


Netflixは『アメリカン・ホラー・ストーリー』出演の女優サラ・ポールソンと、製作総指揮のライアン・マーフィーが再タッグを組んだTVシリーズ「ラチェッド」を、2020年9月18日より世界独占配信する。

サラ・ポールソン演じる「ラチェッド」は、あの名作『カッコーの巣の上で』に登場した精神病院の婦長、ミルドレッド・ラチェッドに焦点を当てた物語。

1975年の映画版では、患者たちの自由を奪い支配する強面の婦長を見事に演じたルイーズ・フレッチャーが、アカデミー主演女優賞を受賞している。

▲ミルドレッド・ラチェッド役のサラ・ポールソン(©︎ 1997-2020 Netflix,Inc.)

この冷酷なキャラクターに新たな一面を吹き込むのは、サラ・ポールソンだ。『アメリカン・ホラー・ストーリー』や、Netflix映画『バード・ボックス』に出演する魅力溢れる演技派女優として知られる。

2017年9月に複数のストリーミング配信会社でオークションにかけられ、Hulu、Apple、そして最終的な勝者であるNetflixの間で激しい競争が繰り広げられた。制作会社はNetflixドラマ『ザ・ポリティシャン』も手掛けたフォックス21 テレビジョン・スタジオが担当する。

脚本はエバン・ロマンスキーがメインに入り、イアン・ブレナンも関わっている。また、監督にはネルソン・クラッグ、ジェニファー・リンチ、ライアン・マーフィーのヒットメーカー達を揃え、前途のライアン・マーフィーは脚本も務める。

「ラチェッド」のキャスト情報

脇を固めるキャストは以下のとおり。

  • シンシア・ニクソン/『セックス・アンド・ザ・シティ』
  • ジョン・ジョン・ブライオネス/『ミス・サイゴン』
  • フィン・ウィットロック/『ラ・ラ・ランド』
  • チャーリー・カーバー/『デスパレートな妻たち』
  • ジュディ・デイヴィス/『わが青春の輝き』
  • ハリエット・サンサム・ハリス/『メメント』

追加キャストの情報も解禁されている。
2020年5月、ソフィー・オコネドーの出演が明らかになった。彼女は『ホテル・ルワンダ』でアカデミー助演女優賞にノミネートしている。

Sophie Okonedo/@Facebook

6月には、Netflixドラマ『13の理由』で知られるブランドン・フリンの出演も明らかになっている。

Brandon Flynn(@flynnagin11)/Instagram

シーズン1のエピソード情報

報道によると撮影は2019年1月末からカリフォルニアで行われ、7月5日に終了したようだ。シーズン1は全8話の構成になっている。

Episode NumberEpisode Name
Episode 1Pilot
Episode 2Ice Pick
Episode 3The Dance
Episode 4Angel of Mercy
Episode 5Angel of Mercy, Part II
Episode 6Mildred and Edmund
Episode 7The Bucklet List
Episode 8Got No Strings

シーズン2の最新情報

「ラチェッド」のシーズン2はすでに制作決定している。
同シリーズが最初に発表されたとき、第2シーズンの注文も同時に入っていたという。

製作総指揮のライアン・マーフィーによると、ショーは最大で4つのシーズンを迎える可能性があると述べている。そのストーリーにはラチェッド婦長がシーズンごとに異なる男性と敵対すると示唆した。

[Source] whats-on-netflix

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA