Netflix「バイオハザード」フル3DCGアニメーション 初の連続CGドラマシリーズ化 制作決定!!


全世界でシリーズ累計出荷本数1億本以上を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔『バイオハザード』が、2021年にNetflixオリジナルシリーズ『BIOHAZARD:Infinite Darkness』(※読み『バイオハザード:インフィニット ダークネス』)として初の連続CGドラマ化される事が決定した。

1996年にPlayStationでゲーム第1作が発売され、来年25周年を迎える『バイオハザード』シリーズ。2017年公開のCG映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』から3年、更なる進化を遂げた未だかつてないフル3DCGアニメーションの映像作品が動き出す。

製作・原作監修には、数々の『バイオハザード』シリーズを世に送り出したカプコンの小林裕幸プロデューサーが参加。制作プロデュースには、様々なアニメ作品を生み出しているトムス・エンタテインメント、『バイオハザード:ヴェンデッタ』で制作プロデューサーを務めた、宮本佳率いるQuebicoがフル3DCGアニメーション制作を担当する。

物語は人気キャラクターのレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの2人を軸に、ダイナミックなアクションシーンに、ホラーとサスペンス要素も加わった誰も見たことのない『バイオハザード』の世界を描く。

本作の制作決定に合わせティザービジュアルとティザーPVも初解禁!


ティザービジュアルでは、数々の死線をくぐり抜けてきたレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドが血染めの壁を背に、新たな脅威に立ち向かう静かな決意の姿が描かれている。

さらに、一緒に解禁となったティザーPVでは、闇夜に佇む廃屋に足を踏み入れ“なにか”を発見してしまうクレアや、暗闇で“誰か”を助けるレオンの雄姿が。漂う埃の1つ1つ、緊張感のあるキャラクターの表情など実写と見紛うばかりのハイクオリティな映像で、冒頭から「緊迫感高い!」「ヘッドホン着用で恐怖倍増!」と本作への期待感を煽っている。

今度の敵は誰なのか?サブタイトル『Infinite Darkness』の指す意味とは?

今後のNetflix 全世界独占配信『バイオハザード:インフィニット ダークネス』の続報にご期待ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA