Netflix最新シリーズ「今際の国のアリス」の実写版、超豪華追加キャスト14名発表!


佐藤信介監督×山﨑賢人&土屋太鳳 W主演!
命を懸けた“げぇむ”を、最新のVFXでスリリングに描くNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」に出演する豪華キャストが追加発表された。

本作の原作「今際の国のアリス」は、『週刊少年サンデーS』にて2010年から2015年まで連載後、『週刊少年サンデー』にて2015年から2016年まで連載された、麻生羽呂(あそう・はろ) 原作の大ヒット・サバイバル・サスペンスコミックだ (全18巻)。

人生に夢を見出せず曖昧に生きてきたアリスと、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギが、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で共に信頼を築き、「生き延びる」ために理不尽な現実に挑む姿を壮大なスケールで描く。

個性豊か&クセ強め!?なキャラクターが勢揃い!

▲発表となった出演者:村上虹郎、森永悠希、町田啓太、三吉彩花、桜田通、朝比奈彩、栁俊太郎、渡辺佑太朗、水崎綾女、吉田美月喜、阿部力、金子ノブアキ、青柳翔、仲里依紗

昨年、W主演の山﨑賢人、土屋太鳳が発表されたが、今回は14名の追加キャストと演じるキャラクターが明らかとなった。

アリスと共に“今際の国”に送り込まれた親友のチョータとカルベに森永悠希、町田啓太。

そして生きるか死ぬかの極限状態で、持ち前の判断力と記憶力を発揮するアリスと、高い身体能力を持つウサギを見つめるミステリアスなチシヤに村上虹郎。

ほか残酷な“げぇむ”を生き残るためにそれぞれ知力、体力、そして心理戦を得意とする個性豊かなキャラクターとして、合理的かつ理性的なアン役に三吉彩花、狡猾で支配的なニラギ役に桜田通、利害が一致するチシヤと組むクイナ役に朝比奈彩、顔に不気味なタトゥーを施したラスボス役に栁俊太郎、アリスに助けられ協力するタッタ役に渡辺佑太朗、謎の世界でアリスたちが最初に出会うシブキ役に水崎綾女、周囲に翻弄される女子高生のアサヒ役に吉田美月喜、ポーカーフェイスで感情を見せないクズリュウ役に阿部力、強いカリスマ性で人を魅了するボーシヤ役に金子ノブアキ、圧倒的な戦闘力で“げぇむ”を制圧するアグニ役に青柳翔、そして常に優雅で謎めいた存在であるミラ役に仲里依紗といった最も旬な俳優陣が集結し、単なるサバイバルゲームではない、壮大な人間ドラマを彩る。

© 2020 Shogakukan

麻生羽呂のオリジナリティに溢れ、映像化不可能ともいえる壮大な世界を舞台にした原作漫画を、常に新しいことに挑戦してきた佐藤信介監督がどのように実写化するのか。

シーズン1のエピソード構成は未発表であるが、過去のNetflixでアニメ実写化した実績から、6〜10話になる可能性が高い。

Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」は2020年冬、全世界独占配信予定!


あらすじ・ストーリー

優秀な弟と比較され続け、人生に意味を見出せず鬱々とした日々を送るアリス。唯一の心のよりどころである親友のチョータとカルベと渋谷に繰り出した矢先、突然の閃光と共に街は無人と化す。不安を感じつつつも、誰もいない解放感にはしゃぐ3人。しかしそこは、様々な““げぇむ””をクリアしなければ生き残ることができない“今際の国”だった…。

持ち前の観察力と判断力を発揮していくアリスは、仲間を作らずたった一人で“げぇむ”に挑み続けるクライマーのウサギと出会う。命を懸けるというかつてない体験を通し彼らは、「生きること」に正面から向き合うこととなる。

Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」作品情報

原作:麻生羽呂「今際の国のアリス」(小学館「少年サンデーコミックス」刊)
監督:佐藤信介
出演:山﨑賢人 土屋太鳳
村上虹郎 森永悠希 町田啓太 三吉彩花 桜田通 朝比奈彩 柳俊太郎 渡辺佑太朗
水崎綾女 吉田美月喜 阿部力 金子ノブアキ 青柳翔 仲里依紗
脚本:渡部辰城、倉光泰子、佐藤信介
音楽:やまだ豊
撮影監督:河津太郎
美術監督:斎藤岩男
アクション監督:下村勇二
VFXスーパーバイザー:神谷誠、土井淳
エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆
プロデューサー:森井輝
企画・制作:(株)ROBOT
配信:2020年冬、Netflixにて全世界独占配信
Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/今際の国のアリス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA