Netflix「ブリジャートン家」シーズン3&4の制作が正式決定! ─シーズン2配信に先駆け早くも更新へ


Netflixは、イギリス摂政時代の上流社会を舞台にしたTVシリーズ「ブリジャートン家」のシーズン3、そしてシーズン4を追加で制作することを発表した。

この日、謎のコラムニストであるレディ・ホイッスルダウンも声明を出している。『親愛なる読者の皆さん、エキサイティングなお知らせがあります…』と告げ、シーズン3とシーズン4を更新するニュースを世界のファンへ発信した。

TW:@Bridgerton

「ブリジャートン家」は現在シーズン2が絶賛制作中だ。全8巻あるジュリア・クイン作のベストセラー小説に沿って順調に続編の制作が決定していくのは、Netflixが早くもシリーズへの期待と自信を持っている証拠だろう。

シーズン3&4のストーリー展開

原作の『ブリジャートン』シリーズは、ブリジャートン家の兄弟姉妹ひとりひとりに焦点を当て “真の愛” を見つけていく物語。8人の兄弟姉妹は、アンソニー、ベネディクト、コリン、ダフネ、エロイーズ、フランチェスカ、グレゴリー、ヒヤシンス とアルファベット順に名付けられており、Netflixのシーズン1はダフネの物語から始まる。

そしてシーズン2では長男アンソニーの物語へとバトンが渡され、花嫁探しのロマンスが描かれる予定だ。もし小説に沿ってシーズンが進行するならばシーズン3はベネディクト、シーズン4はコリンが主人公となるだろう。

キャストの入れ替えにも注目!

シーズン1は、8,200万世帯という記録的な視聴者数を更新しNetflix史上最大のシリーズとなった。一夜にしてスターの座に輝いた出演者たちは今や世界中で注目を浴びる存在。そんな中、先日ヘイスティング公爵演じるレジ=ジーン・ペイジがシーズン2 以降戻らないことが発表され世界中のファンを悲しませた。

「Sex Education」Simone Ashley / ©︎ 1997-2021 Netflix,Inc.

一方で、新たなキャストも続々と明らかになっている。『セックス・エデュケーション』出演のシモーヌ・アシュリーが、アンソニーと恋愛関係になるケイト役で登場。ロンドンに来たばかりの賢くて強気な性格の女性を演じる。また、小説では描かれないオリジナルキャラクターも登場予定で、エドウィナ役に新人のチャリトラ・チャンドラン、ジャック役にルパート・ヤングがキャスティングされている。

シーズン2以降のリリース情報は現在未定。今後の動向に引き続き注目したいところだ。

コメントを残す

CAPTCHA