リリー・コリンズ主演のNetflix映画「ウィンドフォール」これまでに分かっていること ─キャスト、プロット、リリース情報


Netflixは、リリー・コリンズ、ジェイソン・シーゲルが出演するノワール・スリラー映画「ウィンドフォール」(原題:Windfall)の配信権を獲得したことが分かった。Netflixはこのタイトルを買い取るために8桁(ドル)の数字を支払ったと言われている。

ここでは、この新作長編映画の現在判明していることを紹介。

同作のメガホンを取るのは、ハリウッドのアイコンのひとりマルコム・マクダウェルの息子、チャーリー・マクダウェルが監督を務める。『シリコンバレー』『親愛なる白人様』『レギオン』など多くのTVシリーズの監督を手掛けている。

▲『時計じかけのオレンジ』のアレックス役で知られるマルコム・マクダウェルと息子のチャーリー(Copyright © 2021 Static Media® / Nicki Swift.com)

脚本家チームには、ジャスティン・レイダー(『ザ・ディスカバリー』『ザ・ワン・アイ・ラブ』)、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー(『セブン』『スリーピー・ホロウ』『パニック・ルーム』)、ジェイソン・シーゲル(『別世界からのメッセージ』『寝取られ男のラブ♂バカンス』)が、マクダウェル監督と共に執筆している。


リリー・コリンズが新境地に挑む!

▲実生活では婚約中のチャーリー・マクダウェルとリリー・コリンズ

主演のリリー・コリンズは、自身のInstagramでプロジェクトについてこれまでにない全く新しいキャラクターを演じることができました』とコメント。さらにコロナ禍での感染防止対策による撮影に感謝し、信じられないほど面白い作品に変わった素晴らしい経験でした、皆さんに観ていただくのが待ち遠しいです』とアピールしている。

同様に、マクダウェル監督も既成概念にとらわれないユニークな作品』と表現し期待を述べている。


プロットは?

現在プロットについては多くは語られておらず、簡単なログラインのみ明らかになっている。

ある若いカップルが別荘に到着すると、空き巣狙いの強盗と鉢合わせる出来事を描いている。
ストーリーはヒッチコック風スリラーになっているという。

出演者は?

Copyright What’s on Netflix 2018-2021. 

現在わかっているキャストは以下のとおり。リリー・コリンズとジェイソン・シーゲルは、前述の若いカップルを演じる。

(写真左から)

リリー・コリンズ
出演作:『エミリー、パリへ行く』『Mank/マンク』『白雪姫と鏡の女王』
ジェイソン・シーゲル
出演作:『寝取られ男のラブ♂バカンス』『ザ・マペッツ』『ママと恋に落ちるまで』
ジェシー・プレモンス
出演作:『ブレイキング・バッド』『ファーゴ』『アイリッシュマン』
オマー・レイバ
出演作:『グレイズ・アナトミー』『アメリカン・クライム』『マクファーランド』

キャストの3名(コリンズ、シーゲル、プレモンス)はプロデュースにも参加。その他、アレックス・オルロフスキーとダンカン・モンゴメリー、そしてマクダウェル監督が名を連ねている。
製作総指揮には、デビッド・ドゥケ・エストラーダ、エリカ・ポートノイ、リック・コバートが務める。


制作状況は?

現在、撮影は終了しポストプロダクション中。制作スケジュールは不明だが、マクダウェル監督によれば撮影は2021年春に行われたようだ。

ここではソーシャルディスタンスをとった撮影の様子をいくつか紹介。

source:Instagram/@Charlie McDowell

リリース情報

Netflixは正式なリリース日を発表していないが、制作が順調に進んだ場合 2022年に到着する可能性が高い。

続報をお楽しみに!

コメントを残す

CAPTCHA