ジョージ・R・R・マーティン「サンドキングズ」がNetflix映画化へ ─これまでにわかっていること


Netflixは、長編映画コンテンツ強化への取り組みの一環として、またもや多額の予算を投じたファンタジー映画を開発している。

新たに発表されたのは、『ゲーム・オブ・スローンズ』の著者で知られるジョージ・R・R・マーティンの短篇小説『Sandkings (原題)』の映像化だ。「サンドキングズ」はNetflixオリジナル映画として製作される。

プロジェクトの企画・開発には、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『ローン・レンジャー』を手掛けたゴア・ヴァービンスキー監督が担当。ヴァービンスキー監督はColliderとのインタビューで、『サード・デイ 〜祝祭の孤島〜』やNetflixの次期ミュージカル映画『マチルダ』の脚本を手掛ける作家のデニス・ケリーと現在タッグを組んでいることを明かしている。

Gore Verbinski & Dennis Kelly

制作にはDigital Riot Media社が担う予定。同社は『ザ・メキシカン』を手掛けたジョン・バルデッチが設立したことで知られる。

プロットは?

前途したとおり、「サンドキングズ」はジョージ・R・R・マーティンが1979年に発表した同名の短篇小説を脚色している。ヒューゴ賞とネビュラ賞を受賞した華麗なるSFワールドがどのように展開されるのか注目だ。

現在わかっているプロットは以下のとおり。

風変わりな異星生物を飼うのが趣味のサイモン・クレスが見つけた新たなペット、それがサンドキングズだった。指の爪ほどの大きさで、6本の手足と、3対の小さな眼。集合意識により一団となって城砦を築き、さらには城砦同士で戦争をするほどの知能があり、しかも飼い主を神として崇拝するという…。壮大なSFの魅力と幻想世界を詰め込んだ至高のファンタジーだ。

実は「サンドキングズ」の映像化は、1995年に米ショウタイムの『新アウターリミッツ』というTVシリーズで既に放送(※エピソード1-2)されたことがある。

ジョージ・R・R・マーティンは制作に参加する?

George R. R. Martin

答えはNOだ。ジョージ・R・R・マーティンは米HBO局と専属契約を結んでいるため、今回の「サンドキングズ」には一切関わらない。

キャスト

2021年3月現在、Netflixの『サンドキングス』のキャストは発表されていない。

制作状況

現在の公式ステータスは【企画・開発中】と発表されている。 (最終更新日:2021.3.4)

まだ制作の第一段階にあり、撮影日も不明だ。

配信日はいつ?

現在の制作状況を考えると2022年の可能性が高いが、2023年にズレ込む場合もある。続報をお楽しみに!

[Photo]Gore Verbinski – Picture: Getty Images [Source]whats-on-netflix

コメントを残す

CAPTCHA