GOTコンビ×ヒュー・ジャックマン製作総指揮のNetflix新作TVシリーズ「オーバーストーリー」─これまでにわかっていること


HBO『ゲーム・オブ・スローンズ』を手掛けた名コンビ、デイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスが、またも新しいNetflixプロジェクトに取り組むことが明らかになった。

現在Netflixの大型シリーズ『三体』『The Chair』『Metal Lord』を制作中だが、新たにピューリッツァー賞を受賞した小説『The Overstory (原題)』のTVシリーズ化に挑む。

▲ デイヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイス

普段はコンビで脚本を手掛けるが、同シリーズはアカデミー賞にノミネートされたリチャード・E・ロビンス(『12モンキーズ』『グッド・ガールズ!〜NY女子のキャリア革命〜』)が執筆し、2人は製作総指揮を担う。また、俳優のヒュー・ジャックマン(『X-MENシリーズ』『レ・ミゼラブル』『グレイテスト・ショーマン』)も共同製作総指揮に加わるという豪華クリエイターのタッグが実現する。

「オーバーストーリー」のプロットとキャラクター

▲ 小説『The Overstory』の著者リチャード・パワーズ

木と人間を巡る壮大なテーマで過去と未来を紐解く

同シリーズは、互いに見知らぬ人々が巨木の “声” に召喚され、原始林を救う戦いに集結する物語。南北戦争前のニューヨークから20世紀後半のアメリカ西海岸の「森林戦争」を描き切る壮大なテーマとなっており、全く異なる経歴を持ち人生を歩む 9人の登場人物を中心にストーリーが展開される。

小説で語られている人物像は以下のとおり。

ニコラス・ホーエル

南北戦争前、アメリカ中西部である男が庭に栗を植えた。四世代に亘り撮影しつづけた一本の栗の木の写真を、ホーエル家の末裔である芸術家ニコラスが相続する。

ミミ・マー

中国からアメリカへ亡命した父親を自死で喪った女性技術者のミミ・マーは、古くから伝わる絵を受け継ぐ。そこに描かれた風景と裏庭に植えられた桑の木に魅了されていく。

アダム・アピチ

少年時代から昆虫や植物に魅了されて育ったアダムは、生まれる前に父親が植えた木と兄弟をシンクロさせようとする。

レイ・ブリンクマン

知的財産権を扱う弁護士でドロシーの夫。後年自然を愛するようになる。

ドロシー・カザリー

晩年に自然を愛する型破りな速記者。

ダグラス・パヴリチェク

空軍に入隊する前はスタンフォード監獄実験に送り込まれた孤児であった。その後飛行機から落下しジャングルの木によって命を救われる。除隊後アメリカ全土を放浪し、森林破壊が国を荒廃させていることに気づく。森林伐採を止める運動に参加するも伐採業者の手によって森林が破壊されることを知るのだった。

ニーレイ・メータ

インド系の移民であるニーレイ・メータは、北カリフォルニアに住むやり手のプログラマー。子供の頃に木から落下し半身不随になっている。ある日会社の前にあった森が伐採されたことをきっかけに森林保護の活動に関わり始める。

パトリシア・ウェスターフォード

聴覚障害者である科学者のパトリシアは、幼少期から木に魅了され過ごしてきた。偶然、樹木同士のコミュニケーションを発見するが、その研究は嘲笑され自殺を考えるようになる。

オリヴィア・ヴァンダーグリフ

セックスとドラッグに溺れたあげくうっかり感電死したが、奇跡の回復を遂げた女子大生。自分が生き返ったのは “光の精霊” のおかげと信じるようになる。

Netflixの期待大きく ─注目タイトルになること必至!

Netflixの創業者 兼 共同最高経営責任者であるリード・ヘイスティングス氏が原作の大ファンであることは注目に値する。2020年9月にニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたプロフィールにお気に入りの本として『The Overstory』を挙げており、次のように語っている。

この本の優れたストーリーテリングがいかに理解と共感を築くのに役立つかを示す素晴らしい例です。独創的で奥深い。実はここ数年、私の読書量が大幅に減少していたので、私たちファミリーは休暇中にみんなでこの本を読むことにしました。幸運にも『The Overstory』は我々が選んだものです。

制作状況・リリース予報

現在制作は “企画開発”の段階にある。今後数ヶ月のうちに詳細が明らかになるでしょう。2021年に制作が開始されれば、2022年には最初のシーズンを迎えることができるかもしれない。

気になるキャスト情報

▲ヒュー・ジャックマン、『The Overstory』を愛読するエミリア・クラーク

現在キャストは公式発表されていないが、製作総指揮を務めるヒュー・ジャックマンは小説の大ファンであり出演者としてリードする可能性がある。また、偶然にも10年間『ゲーム・オブ・スローンズ』でベニオフ&ワイスと仕事をしたエミリア・クラークもこの小説の大ファンであることを公言しており、プロデューサーがクラークを9人いる主人公のひとりにキャスティングすることは容易に想定できる。続報をお楽しみに!

[Photo] ©︎ 1997-2021 Netflix,Inc.
[Source] whats-on-netflix

コメントを残す

CAPTCHA