ジェイソン・モモア主演 Netflix新作映画「スランバーランド」これまでにわかっていること〈キャスト、プロット、リリース情報〉


Netflixは現在ジェイソン・モモア主演の大作映画「スランバーランド」(原題:Slumberland) を製作中だ。

メガホンを取るのは、ヒットメーカーのフランシス・ローレンス監督。『コンスタンティン』『ハンガー・ゲーム』『レッド・スパロー』など多くの本格派サスペンスやアクション映画を手掛けるほか、ビヨンセやレディー・ガガなどグラミー賞受賞のミュージックビデオ監督としても知られている。

主演は、Apple+ TVシリーズ『See 〜暗闇の世界〜』でローレンスとタッグを組んだジェイソン・モモア。脚本は『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』を手掛けたデヴィッド・ギヨン&マイケル・ハンデルマンのコンビが担当する。

豪華キャスト陣が集結!

© 2021 Getty Images. / IG:@prideofgypsies

(左から) ジェイソン・モモア、マーロー・バークレー、カイル・チャンドラー、クリス・オダウド

主演のジェイソン・モモアは、長い牙を持つ毛むくじゃらで身長9フィートの半人半獣に扮する。このフリップという名のクリーチャーはCGIで作成され、パフォーマンスはモモアによってキャプチャされる予定だ。

また、若手女優のマーロー・バークレー(『Single Parents』)は、行方不明の父親を探しに神秘の地を旅する少女、ネマ役を演じる。

エミー賞受賞者のカイル・チャンドラー(『Friday Night Lights』『アルゴ』)と、クリス・オダウド(『ハイっ、こちらIT課!』『GIRLS/ガールズ』)もキャスティングされているが役柄は明らかになっていない。

傑作漫画がベースのファンタジー・アドベンチャー!

「スランバーランド」は、米コミック作家ウィンザー・マッケイによる1905年の漫画『夢の国のリトル・ニモ』(原題:Little Nemo in Slumberland) に基づき制作される。原作では少年を主人公にしているが、Netflix版では少女を主人公にするため、キャラクター名も 『Nemo(ニモ)』から『Nema(ネマ)』へ変更となる。

物語は、少女ネマが半人半獣の助けを借り、行方不明の父を探しに夢の国へと旅立つ冒険記だ。
父親のピーターが嵐の海に消えてしまった日から、叔父のフィリップと暮らすことになったネマ。夢の中で “スランバーランド” と呼ばれる世界を発見すると、父親を知る半人半獣のフリップと出会い一緒に冒険に出ることを決意する─。

製作状況・配信スケジュール

米Production Weeklyによると、2021年2月8日にカナダのトロントで撮影が開始し、2021年6月1日に終了予定だという。

製作スケジュールを考えると、2022年の配信になる可能性が高い。

コメントを残す

CAPTCHA