Netflix、2020年新規加入者1600万人突破。―長期的影響は「不確かで予測不能」


Netflixは、COVID-19パンデミックで成功している唯一のエンターテインメント企業の1つであることは誰もが知っている。しかし結果は予想を超えていた。

このほど発表した決算報告によると、2020年の第一四半期に1580万人の新規ユーザーを獲得したという。もちろん、それにはCOVID-19が世界的大流行し始める前も含まれるが、成長の大部分が屋内に留まらせた封鎖状況によるものであることは明らかだ。

この成長によって、Netflixは世界中で1億8300万人もの加入者を獲得したことになる。同時期にDisney+ では5000万人の加入者獲得の発表があったが、Netflixが依然として地球上のトップのストリーマーであることが数字で物語っている。

CEOのReed Hastingsは、「20年以上の歴史を持つ私たちにとって、これほど不確かで不安定な未来はない」と予測不能であることを述べている。

現在のところNetflixはこの急成長について「一時的に高い視聴率と会員数の増加」との見解を示しており、政府が自宅待機を解除すればすぐに減少すると見ている。

Netflixは、NBC Universalの 「Peacock」 とWarnerMediaの 「HBO Max」 がそれぞれ7月と5月に新たな番組をローンチされることを受け、次の大きな競争相手のデビューを心待ちにしているのだろう。

しかし、将来のことを心配するには遠すぎる。Netflixでは今、社会的距離のガイドラインに従いシャンパンボトルを少なくとも6フィート (約1.8 m) 離して開けているだろう。

[source]theplaylist.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA