Netflix「トライブス: 明日を拓きし者」キャスト、リリース最新情報 ─ドイツ発のSF超大作シリーズ登場!


近年勢いが止まらないドイツ発のNetflixオリジナルドラマに、寝不足必至なSFシリーズ「トライブス: 明日を拓きし者」(原題:Tribes of Europa)が新たに2021年登場する。

ドイツ製作のNetflixオリジナル作品はこれで12作目となる。「ダーク」や「バーバリアンズ -若き野望のさだめ-」など、その高いクオリティとストーリーテリングの豊かさで多くの視聴者数を獲得しており、トライブスもその足跡をたどることが期待されている。

トライブスのリリース情報


予告編の公開により「トライブス: 明日を拓きし者」は、2021年2月19日(金)Netflixで世界独占配信されることが明らかになっている。

エピソードは全6話の構成。

使用される言語は英語とドイツ語で日本語字幕対応の予定。4Kストリーミング配信が可能となっている。

トライブスのプロットは?


ディストピア的な世界観を描いた近未来SFドラマ

時は西暦2074年。奇妙な世界的大惨事の後、大陸はいくつかの部族国家に分裂し覇権争いを繰り返していた。主人公である3人の兄弟がヨーロッパ大陸の運命を変えようと立ち上がるが、謎のキューブを手にしたことで争いに巻き込まれていく─。

主要な登場人物/キャスト一覧


シーズン1はドイツの俳優を中心に多彩な顔ぶれがズラリ。主要キャストは以下のとおり。

リヴ 役
ヘンリエッテ・コンフリウス
(Henriette Confurius)
ドイツの女優で、映画『血の伯爵夫人』『Beloved Sisters』で知られる
エリヤ 役
デビット・アリ
(David Ali Rashed)
ドイツの俳優で、『Das perfekte Geheimnis』の出演で知られる
キアノ 役
エミリオ・ザクラヤ
(Emilio Sakraya)

ドイツの俳優兼歌手で、『4ブロックス』『タートオルト』の出演で知られる
モーゼ 役
オリヴァー・マスッチ
(Oliver Masucci)
ドイツの俳優で、『帰ってきたヒトラー』『ダーク』の出演で知られる
ヴァルヴァラ 役
メリカ・フォールテン
(Melika Foroutan)
ドイツの女優で、『KDD–Kriminaldauerdienst』の主要キャストとして知られる
フランシス.F キャメロン大将 役
ジェームズ・フォークナー
(James Faulkner)

イギリスの俳優で、『ブリジット・ジョーンズの日記』『ゲーム・オブ・スローンズ』の出演で知られる
[Photo]Instagram:@henrietteconfurius/@david_ali_rashed_/@emilio_sakraya_/@oliver_masucci/@melikaforoutan

シリーズの監督には、『タートオルト』シリーズの監督で知られるフロリアン・バックスマイヤーと、『デッド・フレンド・リクエスト』を手掛けたフィリップ・コッホが務める。共同脚本家に、ヤーナ・ブールバッハ、フィリップ・コッホ、ベンジャミン・ザイラーが名を連ねている。

コメントを残す

CAPTCHA