Netflix、日本と韓国の大手製作スタジオ4社と新たに提携を結び、アニメ番組を強化


Netflixは、世界中のアニメファンを楽しませる新たなストーリーやフォーマットを探求するために、4社のアニメ製作スタジオと包括的業務提携を結んだことを発表した。

日本からは、製作スタジオNAZを所有するアニマ&カンパニー、サイエンスSARU、MAPPAの3社、そして韓国からはスタジオミールが新たにパートナーに加わる。

トップクラスの製作会社とのパートナーシップによって、一流のクリエイターと協力し才能ある人材の育成を促進する。製作のあらゆる段階でサポートを提供して、世界のアニメコミュニティに最高のコンテンツ届けるかたちになる。

Netflixはすでに、2018年にProduction I.Gとボンズ、2019年にはアニマ、サブリメイション、デイヴィッドプロダクションといった日本の製作会社と包括的業務提携を結んでいる。今回の発表により、提携先となる製作会社は合わせて9社になった。東京を拠点とするNetflixクリエイティブチームが韓国のスタジオミールと契約を結び、日本の枠を超えたパートナーシップを強化する。

Netflixのアニメチーフプロデューサーの櫻井大樹は次のように述べている。

私たちは、東京を拠点にわずか4年で、新鮮で意欲的なストーリーテリングを通じて、世界中のアニメコミュニティにエンターテインメントを届けるための専門チームを編成しました。最新のテクノロジーと伝統的な手描きアニメーションを融合させて素晴らしい作品を製作している、業界の先駆者たちとのパートナーシップを強化することで、ファンの皆様にバラエティ豊かな、より素晴らしい物語をお届けできるのを楽しみにしています。

新たに提携する製作スタジオ4社のコメント

アニマ&カンパニー (Naz) 代表取締役、須田泰雄

2020年、私たちはこの世界とどう向き合うべきかを再構築しています。私たちの生活は変容を遂げました。視覚芸術やエンターテインメントへの期待や価値観も変わりました。視覚芸術は、距離や空間を超え、同時に複数の場所に視聴者を迎え入れる希望の光となる文化です。NAZは、この分野をリードするNetflixとの緊密な連携をうれしく思っています。また、将来の世代から見て、21世紀が、視覚芸術の歴史の中でも注目すべき作品が生まれた時代となるようにしたいと考えています。これは、ストーリーテリングの新時代の幕開けを告げるものです。

サイエンスSARU代表取締役、チェ・ウニョン

Netflixとコラボレーションした「Devilman Crybaby」や「日本沈没2020」では、ストーリーテリングに対する私たちの共通の理解と、新たな挑戦への意欲を反映することができました。サイエンスSARUはNetflixとともに、私たちを取り巻く世界の変化に真摯に向き合い、ファンの皆様の声に耳を傾けることで、今の世の中に最もふさわしいコンテンツを、よりダイレクトにお届けしたいと考えています。

スタジオミール代表取締役、ユ・ジェミョン

Netflixアニメフェス2020 (10月27日開催) を記念して、Netflixとの強固なパートナーシップを確立できることを大変うれしく思います。今回の包括的提携により、世界中の視聴者に韓国アニメの活気に満ちた創造性豊かな作品を届けられるのを楽しみにしています。

MAPPA代表取締役、大塚学

今回の提携により、アニメファンの皆様に最高のコンテンツを加速度的に、Netflixでお届けするという我々の使命を果たせるようになります。Netflixと協力して、国内外のアニメファンの心を揺さぶる最高の体験とは何なのかを見つけ出し、ファンの皆様の期待に応えられるような作品作りに努めていきたいと思います。


包括的業務提携によるNetflix作品一覧

2019年
・「ULTRAMAN」(Production I.G)

2020年
・「オルタード・カーボン: リスリーブド」(アニマ)
・「攻殻機動隊 SAC_2045」(Production I.G)
・「ドラゴンズドグマ」(サブリメイション)

2021年以降に配信予定
・「スプリガン」(デイヴィッドプロダクション)
・「ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン」(ウィットスタジオ – Production I.Gのグループ会社)
・「スーパー・クルックス」(ボンズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA