ティム・バートン版 TVシリーズ「アダムス・ファミリー」の誕生か?! ─Netflixが権利獲得へ交渉中


ティム・バートンがTV業界に足を踏み入れることで多くの才能を開花させようとしている。

米Deadlineの報道によると『アダムス・ファミリー』をベースにした実写ドラマ化に、制作会社MGM Television が取り組んでいることが明らかになった。製作総指揮・監督にはティム・バートンの名が上がっており現在交渉中だ。

シリーズの脚本家にはアルフレッドガフとマイルズ・ミラーが参加予定で、製作総指揮も務める。

配給権には複数の買い手が入札しており、情報筋によると『Netflixは同プロジェクトのリストのトップに位置している』 とNetflixが勝ち取る可能性が高いこを示唆している。このプロジェクトは現在「30分のパイロット版」として企画・開発されている。現在のテレビ市場の競争力を考えればNetflixが複数のシーズンをアップする可能性は大いにある。

奇抜で独特な世界観が魅力的なティム・バートンは、『シザーハンズ』『ビートルジュース』『バットマン』、最近はディズニーによる『ダンボ』の実写化で知られる映画界の巨匠だ。

実はティム・バートンがテレビ界に参入するのはこれが初めてではなく、ミニアニメ『ステインボーイ』 (全6話)を監督・脚本を手掛けていたり、『Family Dog』や『Beetlejuice』のTVアニメシリーズのエグゼクティブプロデューサーを務めたことでも知られてる。

Netflixは現在、1991年のオリジナル映画「アダムズ・ファミリー」および2作目の権利を有している。

ドラマ化の正式発表はしばらくお待ちください!オリジナル映画の視聴はこちらから。

[Picture] Tim Burton / The Addams Family – Getty Images / Paramount Pictures

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA