Netflix【ペーパー・ハウス・コリア】を観た海外の反応


南北統一後の朝鮮半島で使われる統一通貨を狙い、造幣局に侵入し、人質を取った泥棒集団。警察は、この強奪計画を裏で操る天才的犯罪者を止めることはできるのか。/「ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え」シーズン1、2022年6月24日配信開始(原題:종이의 집: 공동경제구역/英題:Money Heist: Korea – Joint Economic Area)【作品ページ

 

引用元:reddit

1. 海外のネトフリさん

エピソードのテンポは良かった。

でも演技のせいか何かしっくりこない。

オリジナルを見ている側からするとストーリーがあまりに似すぎて期待ハズレ。迫力や驚きも皆無。

 

2. 海外のネトフリさん

それは基本的に同じ話だから…

 

3. 海外のネトフリさん

リメイクにしちゃあ既視感がすごいんよ。

もっとオリジナルから逸脱して、新鮮さが欲しいところ。

トーンの変化も、オリジナルより一貫性がないように感じる。

 

4. 海外のネトフリさん

撮影と演技は標準的なレベルかな。

プロットもハイペースで進んでいる感じ。編集とサウンドデザインが微妙で、シーンで描き出そうとしている激しさを捉えられなかった、あるいは引き出せなかったと思う。その結果、締まりのない印象になっていた。

例えば刑事が造幣局で待ち伏せするも、人質と強盗が混同してしまい実行に移せなかったシーン。ここは激しいシーンになるはずなのに、急な編集と感情を盛り上げるためのBGMがないから平坦になっている。

トーキョーの文化的なタッチや人間味のある紹介は好き。向こう見ずでセックスの象徴であったオリジナルに比べてより人間的だ。

 

5. 海外のネトフリさん

オリジナリティがないね

 

6. 海外のネトフリさん

リメイクするにしても10年後なら気にならないけど、去年すでに完成されちゃってるのよ

 

7. 海外のネトフリさん

色々レビュー見たけど、オリジナルを見た人には不評で、初見の人は逆に感じているようだ。

 

8. 海外のネトフリさん

このドラマの残念な点は、脚本、特に統一朝鮮の前提が十分に生かされていないことだね

アン・キムをアメリカの外交官の娘ではなく、北朝鮮の高官の娘にするなど、統一朝鮮の側面をもっと巧みに使って、緊張感を高めてほしかったとつくづく思う

ちなみにオリジナル未見

 

9. 海外のネトフリさん

結論から言うと、自分はこの作品が好き。

原作にあるような冗長な要素が一切なく、テンポの良い展開が気に入ってる。

ただ、教授がスペイン版に比べて弱くカリスマ性がない。

ストーリーと他のキャラクターは素晴らしく、背景である北朝鮮と韓国の関係性が面白さを引き立てている。

 

10. 海外のネトフリさん

原作に忠実だったことが仇になったね

韓国版では強盗の才能を持った人は誰もいない(ベルリンは除くか)

11. 海外のネトフリさん

これは初めてペーパーハウスを見る人向けだね

 

12. 海外のネトフリさん

オリジナルを観た人が比較しないのはまずありえない。だって忠実に翻案・リメイクされた作品なんでしょ?

一番残念だったのは、キャラクター設定、相性、そして演技。

オリジナルが成功した要因は、すべてのキャラクターがそれぞれアイコン的象徴だったことにある。

今回は、ベルリンを除いて重厚さを持ち合わせてなかった。あとケミストリーの問題もあるね。正直言って、かなり無理矢理感があった。トーキョー×ナイロビもダメ、強盗団×教授もダメ、つながりが感じられない。ただ遠くから指示してる。それだけ。

 

13. 海外のネトフリさん

デンバーのシンボルである『笑い』はあった??????

 

14. 海外のネトフリさん

オリジナルに“忠実”であるなら教授をもっと“天才”に仕立てないと

 

15. 海外のネトフリさん

ただの管理人だった

 

16. 海外のネトフリさん

IMDbのレビューが悪すぎて見る気が失せるのだが……。

まぁオリジナルが良すぎて、みんな期待しすぎたんだろうな

 

17. 海外のネトフリさん

今ep.3まで見てるけど、そんなに悪くないけど良くもない 笑

韓国人のコメントの反応からすると相当ディスってるね。そのほとんどが脚本家と監督について。次に俳優が酷評されてる。

なんでなの😂

 

18. 海外のネトフリさん

どんなヘイト?

 

19. 海外のネトフリさん

1話・2話を見た感想で『セリフがぎこちない』『色が明るすぎる』って意見が多く、『あまりのひどさに、シリーズを見た後で監督と脚本家を探したのは初めて』とブチギレてる

 

20. 海外のネトフリさん

ヌードは少ないが、バイオレンスの量はオリジナル並み

 

21. 海外のネトフリさん

外交官の娘がトイレに入って、激しく訛った英語を話し始める…。

なんと彼女が電話で話していた相手は……白人の男だったのだ!!!!

イカゲームのVIPルームであったように、Netflixはあるったけのシリーズに白人男を入れ込む必要があるみたいだね😂

 

22. 海外のネトフリさん

Netflixはおそらくアジアで出資する番組の契約書に、白人男性至上主義を推進しなければならない、とでも書いてあるのだろう。

23. 海外のネトフリさん

スペイン版が好きなのと、妻が韓国人なので一応シリーズ通して見た。

キャラクターは韓国作品で見られるような大げさすぎな感じで、決していいとは言えない。スペイン版にも不満点はあるけど(女性蔑視に書かれがち)、韓国版は盛り上がりに欠けてて、肝心の主役(教授、トーキョー)たちの印象が薄い。

それに、妻(と韓国のSNS)いわく、あの2つの国が一緒になる設定が気持ち悪いらしい。

それには同感だね、さすがにディストピックだよ。

 

24. 海外のネトフリさん

期待はずれ。パート2の撮影はもう終わってるから、編集でどうこうできる問題じゃない。

 

25. 海外のネトフリさん

当方オリジナルは未見。キャラやストーリー的にはまあまあだった。

イントロが始まって、キャラ設定の説明があって、アクション繰り広げられ・・・でも、なぜか盛り上がりに欠ける感じだった。

BTSの軍人と本物の軍人を組み合わせたトーキョーの紹介は、ベストな方法だったとは言えない。あの移行はナレーションのみで十分。くだらないダンスを使わずにできたはずだよね。

とはいえ、これは文化的、ポップカルチャーのネタであるのは理解できる。

バックグラウンドの音やとかエフェクトが大きい反面、台詞がソフトだから噛み合ってないのよね。ビジュアル的にはまあまあの出来だと思うけど。

 

26. 海外のネトフリさん

なぜトーキョーがあんな風に紹介されたのか、個人的な意見はスペイン版が無鉄砲な性格ながら情に厚いパーティーガールという図式だからじゃない?

ダンスとかコメディ要素を取り入れて、トーキョーの遊び心にあやかろうとしたのだろう。

 

27. 海外のネトフリさん

韓国版は突っ込みどころ満載でしんど・・

 

28. 海外のネトフリさん

コピペで笑う

 

29. 海外のネトフリさん

先週末ソウルでこのショーのイベントのようなものに偶然出くわした。

大勢がジャンプスーツとマスクをつけていて…

軽くパニック😂😂😂

マーケティングはうまくいってるようだね

 

30. 海外のネトフリさん

オリジナルを忘れて、新しい気持ちで体験できたらどんなにいいことか!!

どうしても頭の中で比較してしまう!!

彼らの顔を見ながら、ああ、この子ね。この人は良い人で、あれは悪い人、そいつはアホな人。

 

31. 海外のネトフリさん

せめて名前は同じ都市を使わなければなぁ。連想は回避できない

One thought on “Netflix【ペーパー・ハウス・コリア】を観た海外の反応”

  1. トウキョウの由来を悪い意味に変えたクソ反日作品
    見る価値なし

コメントを残す

CAPTCHA