日本から世界へ! Netflixアニメ「トランスフォーマー」日本版キャスト最強チーム決定!


Netflixオリジナルアニメシリーズ「トランスフォーマー : ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー第Ⅰ章:シージ」が2020年7月30日より全世界独占配信される。

アニメーション制作は、Netflixオリジナルアニメシリーズ『Levius』やアニメーション映画『GODZILLA』三部作などのポリゴン・ピクチュアズが担当。

世界的な人気を誇る「トランスフォーマー」シリーズ最新作の舞台は、トランスフォーマーたちの故郷である惑星サイバトロン。オールスパークをめぐりオートボットとディセプティコンの死闘が繰り広げられる中、ディセプティコンのリーダー・メガトロンは、戦いを終結させるためにオールスパークを使ったある決断を迫られる。一方、必死の反撃をしつつも徐々に包囲されるオートボットは、惑星を救うために究極の方法を見つけるが‥。
惑星を揺るがす戦いは、果たして終結するのか?!

日本版キャストに玄田哲章、井上喜久子!

©︎ 1997-2020 Netflix,Inc.

オードボットを率いるオプティマス・プライム役には、これまでもアニメ・実写版で同役を演じて絶大な人気を誇る玄田哲章。新たなアニメシリーズで演じることについて玄田は「長らくご無沙汰しておりました「トランスフォーマー」が、なんと今回、CGアニメで復活です。久々の対面を喜んでおります。今回は、オプティマス率いるオートボット達とメガトロン率いるディセプティコン達との壮絶な戦いが、繰り広げられます。次回、次々回とこのシリーズが、続いていくことを切望しております。」と久々の対面を喜び、そして本シリーズへの熱い願いも明らかにした。

オートボットの特殊作戦員エリ―タ-1役には、「ああっ女神さまっ」のベンダルディーや「おねがい☆ティーチャー」の風見みずほなどで知られる、井上喜久子。オプティマス・プライムを支え、時に鼓舞する芯の強い戦士を演じる。本シリーズ初参加となった井上は「世界的な作品に参加させていただく事になり、とても嬉しいのと同時に身が引き締まるような思いです。屈強な仲間達にも信頼されるような役作りを心掛けました。」と出演の喜びと、役への思いを語った。

黄色いボディが目印でシリーズを代表する人気キャラクター・バンブルビー役を演じるのは、2015年からアニメ・実写版で同役を演じてきた木村良平。新世代トランスフォーマーファンからの支持も熱い木村は、「今作のバンブルビーは、少しばかりすれたところのある青年です。小生意気な中に、可愛げを見つけてもらえるといいなと思います」と話し、新たなバンブルビー像がどうなっているか早くも期待させてくれる。

ディセプティコンの航空防衛戦士ジェットファイヤー役には、「Fate/Apocrypha」獅子劫界離や「ONEPIECE」ジャックなどの乃村健次、ディセプティコンの絶対的統率者メガトロン役には、機動戦士Zガンダム「ヤザン・ゲーブル」や「ゴールデンカムイ」鶴見中尉などの大塚芳忠、ストーリーの重要な役割を担うことになるオートボットのシティコマンダー・ウルトラマグナス役には、「夏目友人帳」のニャンコ先生/斑や「名探偵コナン」シリーズの白鳥警部などの井上和彦。オートボット軍の一員として本作に出演した井上は「え?あのトランスフォーマーですか?凄い!嬉しい!と思いました。それに何より他のキャストが豪華。メンバーを聞いただけで濃い内容がさらに深みがますな〜と楽しみで仕方ありませんでした。」と本シリーズへ参加した喜びを語った。

そしてディセプティコンの科学者でもあるショックウェーブ役には、「名探コナン」シリーズの目暮警部や「ちびまる子ちゃん」の永沢君などの茶風林、ディセプティコンの大尉・スタースクリーム役には「蒼天の拳」のヤサカや「デュエルマスターズ」のデッキーなどの佐藤せつじが参加。
日本版には錚々たるキャストが集まり、まさにトランスフォーマーたちに匹敵する<最強チーム>が結成された!

キャラクター紹介PV

合わせて公開されたキャラクター紹介PVでは、一部のキャラクターたちの声が聞ける映像を先駆けて公開。個性豊かな表情をチラ見しただけでも、本編ではどのような戦いをみせてくれているのか期待が膨らむ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA