女子刑務所が舞台のコメディドラマ「ハードセル」2022年にNetflixで配信!─キャスト、プロット、リリース情報


Netflixは『ドクター・フー』『ザ・キャスリーン・テイト・ショー』で知られるキャサリン・テイトが脚本と監督を務めるNetflixの新作コメディシリーズ「ハードセル」(原題:Hard Cell)を、2022年に配信開始する。

シリーズは、6部構成の女子刑務所をテーマにしたモキュメンタリー形式で制作される。

架空の女子刑務所を舞台に、テイトは本作の主演を担い、複数のキャラクターを演じる予定だ。刑法制度をこれ以上ないほど赤裸々かつユーモアたっぷりに描く。

制作には、インディーズ系ドラマ作品を手掛ける英国の製作会社Leopard Picturesが担当。代表のクリスチャン・スミスは、今回のプロジェクトについて『爆笑と感動がひとつになったシリーズは、英国の女子刑務所がどんなところかをさらけ出します。』と、テイトとの創造力溢れるコラボレーションに自信をみせている。


「ハードセル」のプロット

架空の女子刑務所が舞台。撮影スタッフが受刑者や職員を追う中、テイトは複数のキャラクターを演じ分け、残酷でユーモラスな刑法制度を赤裸々に描く。

[Picture] ©︎ 1997-2021 Netflix,Inc.

「ハードセル」のキャスト

© 1990-2021 by IMDb.com, Inc.

主演のキャサリン・テイトの他にも、(写真左から)ディーン役のクリスチャン・ブラシントン(『風の勇士 ポルダーク』『ハミングバード』)、アナスタシア役のニキ・ウォードリー(『ザ・キャスリーン・テイト・ショー』)、キャル役のローナ・ブラウン(『レ・ミゼラブル』『ターミネーター ニュー・フェイト』)、サル役のキャロライン・ハーディング(『コロネーション・ストリート』『エマーデイル』)、チャーリー役のジョラ・オラジデ、マーティン役のダンカン・ウィスビー(『アンナ・カレーニナ』)が出演する。


「ハードセル」のリリース情報

米Production Weekly(1258号)によると、2021年6月30日にイギリスで撮影が開始された。

全6話のエピソード構成で、限定シリーズになる予定。

正式なリリース日は確定していないが2022年に到着することが分かっている。続報をお楽しみに!

コメントを残す

CAPTCHA