『リバーデイル』のリリ・ラインハート主演映画「プラスマイナス」がNetflixで制作決定!─キャスト、プロット最新情報


近年、映画賞受賞歴のある監督を起用する傾向が強まるNetflixは、新作映画「プラスマイナス」(原題:Plus/Minus)で、世界中から絶賛されるケニア出身の新鋭監督ワヌリ・カヒウとタッグを組むことが分かった。

同作の主演には、『リバーデイル』や『ケミカル・ハーツ』の出演で知られるリリ・ラインハートが務める。


知っておきたいワヌリ・カヒウという人物

2018 in Toronto, Canada. (Getty Images)

才能溢れるワヌリ・カヒウは、初の監督映画『From a Whisper』(2009年) でアフリカ・アカデミー賞最優秀作品賞含む5部門を受賞し最高のデビューを果たす。

さらに翌年は、アフリカの現実と未来を悲観的に表現した短編映画『Pumzi』でカンヌ・インディペンデント最優秀短編作品賞を獲得するなど、着実にキャリアを重ねていった。

そして世界に名を馳せた作品『ラフィキ:ふたりの夢』では、2018年のカンヌ国際映画祭でプレミア上映されスタンディングオベーションに包まれる熱狂ぶり。これは同映画祭で上映された初のケニア映画であった。

Millie Bobby Brown Movie ‘The Thing About Jellyfish’

カヒウは現在「プラスマイナス」以外にも、ミリー・ボビー・ブラウンが主演を務めるNetflix映画『The Thing About Jellyfish(原題)』でメガホンを取ることが決まっている。


感動の旅へ出発!並行した2つの人生で見つける本当の自分

【プロット】

大学卒業前夜、ナタリーの人生は2つに分かれ並行するそれぞれの道を歩んでいくことになる。

妊娠して地元テキサスに留まり母親として過ごす人生。もう一方は、ロサンゼルスに引っ越してキャリアを追い求める人生。

どちらの道を歩むナタリーも、人生を変えるような恋に落ち失恋して激しく傷つく20代を経験する中で、本当の自分を再発見していく─。


リリ・ラインハート演じる1人2役のナタリーに注目!

Lili Reinhart – Picture: Getty Images

2021年3月、Netflixは主人公のナタリーに『リバーデイル』『ハスラーズ』『ケミカル・ハーツ』の出演で知られる大人気女優リリ・ラインハートをキャスティングしたことを発表した。

その2ヶ月後、ナタリーの恋愛対象となるダニー・ラミレス ほか何人かの追加キャストが解禁されている。

© 2021 The Hollywood Reporter, LLC. All Rights reserved.
(写真左から)
  • ダニー・ラミレス (『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』『トップガン マーヴェリック』)
  • アイシャ・ディー(『NYガールズ・ダイアリー』『マイ・ライフ~私をステキに生きた方法~』)
  • アンドレア・サヴェージ(『Veep/ヴィープ』『俺たちステップ・ブラザース』)
  • ルーク・ウィルソン(『アダルト♂スクール』『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』)
  • デヴィッド・コレンスウェット(『ザ・ポリティシャン』『ハリウッド』)

スタッフ

脚本家にはデビューしたばかりのエイプリル・プロサーが執筆を担当。また、Netflixで大成功を収めた映画『プロジェクト・パワー』をプロデュースしたスクリーン・アーケード社が参加する。

  • 監督: ワヌリ・カヒウ
  • 脚本: エイプリル・プロサー
  • プロデューサー: Screen Arcadeのブライアン・アンケレスとエリック・ニューマン、CatchLight Studioのジェシカ・マラナフィ
  • 製作総指揮: Screen Arcadeのアリッサ・ロドリゲス

制作状況/リリース情報

「Plus/Minus」制作状況

Netflix公式ステータス:撮影中(6/14〜)

米Production Weeklyによると、撮影は2021年6月14日にテキサス州オースティンで開始され8月中旬に終了する予定だという。

配信日については正式な発表はされていないが、制作スケジュールが順調に進んだ場合2022年中に到着する可能性が高い。

続報をお楽しみに!

コメントを残す

CAPTCHA