Netflix、Ubisoftと提携し「アサシン クリード」の実写ドラマ化を発表!


世界的ベストセラーのゲームシリーズを実写ドラマおよびアニメシリーズとして映像化

Netflixは、世界的ベストセラーのゲームシリーズ「アサシン クリード」をベースとしたコンテンツ製作の契約を、Ubisoftと締結したことを発表した。第一弾として、ジャンルの枠を超えた壮大な実写ドラマを製作する。製作総指揮にUbisoft Film & Televisionのジェイソン・アルトマンとダニエル・クライニクを迎え、その奥深いストーリーに息を吹き込む。

「アサシン クリード」シリーズは2007年の発売以来、全世界で1億5,500万本以上を売上げるビデオゲーム史上屈指のベストセラーシリーズ。重厚で興味をそそるストーリーテリングに定評があり、ビデオゲームの枠を超えて数多くのエンターテインメント・メディアに展開してる。

2社は今後の展開としてアニメシリーズの映像化も予定しているという。
今回の締結についてのコメントは以下のとおり。

Ubisoftのコメント

10年以上にわたって「アサシン クリード」ブランドが人気シリーズの地位にあるのは、世界中の数多くのファンの皆様のおかげです。Netflixとタッグを組んでドラマシリーズを製作できることをうれしく思います。「アサシン クリード」の世界観における、次なるサーガの誕生を楽しみにしています。

ジェイソン・アルトマン、Ubisoft Film & Televisionロサンゼルス支社責任者

Netflixのコメント

Ubisoftとパートナーシップを結び、人気の高い「アサシン クリード」の重厚で多面的なストーリーテリングを映像化できることをうれしく思います。心奪われる、歴史に基づく世界観を備えたビデオゲーム史上屈指のベストセラーから新たに生まれる、世界が注目するプロジェクトといえます。優れた作品を基に、壮大でスリリングなエンターテインメントを丹念に構築し、世界中のファンとNetflixのメンバーの皆様が楽しめる、よりディープな作品をお届けしたいと思います。

ピーター・フリードランダー、Netflixオリジナルシリーズ担当バイスプレジデント

IMG:©︎ 1997-2020 Netflix,Inc.

▼あわせて読みたい

Netflixで人気ゲーム7タイトルの映像化プロジェクトが進行中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA