【マイケル・ジョーダン: ラストダンス】EP9-10 を観た海外の反応


マイケル・ジョーダンのキャリア、そして90年代のシカゴ・ブルズの黄金期を、1997-98シーズンの貴重な未公開映像を交えながら徹底的に振り返るドキュメンタリー。【作品ページ

 

引用元:reddit

1. 海外のネトフリさん

チームが98年以降に解散していたのは避けられなかったと思う。

ジョーダンの誰もが1年契約を結ぼうとするだろうというコメントは希望的観測にすぎない。当時100億ドルもの価値があった男にとって、その犠牲を払うのはとても簡単なことだが、スティーブ・カーのようなロールプレイヤーにとってはそう簡単なことではない。ピッペンの契約状況は言うまでもないが。

 

2. 海外のネトフリさん

だからスコッティが自分勝手だと言ったんだ。申し訳ないがこの男はチームに苦痛を与え、ブルズは勝ったがMJはリングに嫌われた。

クラウスはプロセスを速めたが、スコッティがトレードでドアから出て行った瞬間にフィルが解雇された。

 

3. 海外のネトフリさん

ピッペンが背中を痛めたばかりだったことを考えると、彼が1年契約を結んだとは思えない。

 

4. 海外のネトフリさん

ジョーダンはGOATかもしれないが、ピッペンなしではダンカンやロビンソンを負かすことはできない

 

5. 海外のネトフリさん

このドキュメンタリーの魅力は、MJたちがどれだけ素晴らしい仕事をしたかを示したことだ。たとえその話を知っていても、まだ何かが起こるんじゃないかという気持ちにさせてくれる。

最大の例はジャズとの最後の試合。百万回そのショットを見たが何度息が止まったことか。マジで職人芸だった。

 

6. 海外のネトフリさん

当時生まれたばかりのジャズファンでさえ、今もそのことを議論する。

この時点で遺産のようなものだ。

 

7. 海外のネトフリさん

10話の最後の10分を編集した者は、神の恵みを受けるに値する

 

8. 海外のネトフリさん

唯一不満なのは、97年の決勝第1戦でスコッティが残した「メールマンは日曜日に配達しない」歴史的シーンがほんの少ししか流れなかったことだ。

それ以外は完璧なシリーズで、また見たい。

 

9. 海外のネトフリさん

決勝戦の後、ジョーダンが通路でストックトンとマローンと握手するのに違和感w

 

10. 海外のネトフリさん

マローンは負けた後、ブルズのバスに乗ってジョーダンを祝福してた。

この2つのチームは多くの市民の尊敬を得ていたと思う。

 

11. 海外のネトフリさん

今後インフルエンザの試合が話題になるたびに、ここにいるすべて視聴者たちが 「実は食中毒だった」 というようになる!

 

12. 海外のネトフリさん

あの時は「インフルエンザの様な症状」と言ってが、いつの間にか「インフルエンザ」になった。

 

13. 海外のネトフリさん

そこにはおそらく7〜10人くらいの大人が集まっていたはず。その人数でピザ1枚か?他にピザを食べた人はいないのか?

あの話はフェイクだ

 

14. 海外のネトフリさん

他の奴らはもう食事は済んでいたのでは?MJを待たずにね。

 

15. 海外のネトフリさん

ピザ屋はなぜ、MJがどこに滞在しているか知り、なぜMJが注文したことを知っているのか?

しかも毒を盛るのになんで5人も必要なんだ?ストーリー全体が雑すぎる。

しかもMJはなぜピザ屋を訴えなかったのだろうか。色々矛盾点が多い。

 

16. 海外のネトフリさん

5人というのは大げさだが、彼らはブルズがそこに滞在してることを知っていて、MJまたは他のプレーヤーを狙っての犯行だったのでは。

腐った材料かなんかを使ったんだろう。

 

17. 海外のネトフリさん

MJの周りの人間もこんな不確かな場所から注文するなんてバカだ

 

18. 海外のネトフリさん

戻ってくるチャンスを提示されたのに、なぜフィルはあんな早く決断したのか少し混乱してる。

彼はなんで再建のためプレーしたくなかったのだろうか。

もしフィルが戻ってきてたら、ジェリーラインズドルフは多くのプレイヤーを引き留めておけると確信してたと思うのだが。

 

19. 海外のネトフリさん

当時、ジェリーとフィルの関係は普通に機能してなかったからね。

お互い耐えられなかったにもかかわらず、よくやってたよ。

 

20. 海外のネトフリさん

彼らはエピローグで98年以降のブルズのシーズンの記録を流すべきじゃね?

 

21. 海外のネトフリさん

人類史上デニス・ロッドマンほど充実した人生を送ってきた人間はいるだろうか。

 

22. 海外のネトフリさん

MJは文句の一つや二つあるだろう

 

23. 海外のネトフリさん

途中のスティーブ・カーの話は素晴らしく、強烈だった。

 

24. 海外のネトフリさん

当然だが彼の父親の死に関するクレイジーな話は省いてた。

ライバル校のファンの中にはカーを父親の死を利用してやじを飛ばしていた人もいた。

 

25. 海外のネトフリさん

大勢の人が彼の父親の死をあざ笑った瞬間を、番組側が彼に思い起こさせようとはさすがにしないだろう…。

 

26. 海外のネトフリさん

それを持ち出すのは難しいだろうね。

 

27. 海外のネトフリさん

正直言って彼の父親が殺害されたことは聞いたことがなかった。あのエピソードはほんと衝撃的だった。

 

28. 海外のネトフリさん

「もう1年プレーしていたでしょうか?」「はい」 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭 😭

 

29. 海外のネトフリさん

それについてピッペンに尋ねなかったことに注目。笑

 

30. 海外のネトフリさん

ブルズファンはあのエピローグを重く受け止めなければならない。

 

31. 海外のネトフリさん

ブルズは再建を始めた。

うん、間違ってはいない。

 

32. 海外のネトフリさん

それを見て笑った。「その後、再建を続けている」と言うべきだ。

 

33. 海外のネトフリさん

「ブルズはそれ以来…」と言ったらどうなるか想像してみろ。

 

34. 海外のネトフリさん

↑「1996年ブルズは、歴代ベスト72勝した。

ブルズはラストダンスの後、4年かけて66勝し…

 

35. 海外のネトフリさん

「2021年の再建を検討している」

 

36. 海外のネトフリさん

Fuck ジェリー・ラインズドルフ

 

37. 海外のネトフリさん

ラインズドルフはビジネス上の決断を下したまでだ。それはもちろんファンが望んでいたものではないが、それほど気にもしていない。

 

38. 海外のネトフリさん

MJが言うのは簡単だ。彼は3500万ドルかそこらのためにもう1年の契約にサインしただろう。スコッティが減給されたとしてもな

 

39. 海外のネトフリさん

フィルとクラウスはお互い嫌ってたから、ちゃんとコミュニケートされていたとはさすがに思っていない。

でももしブルズがそれについてもっと話し良い計画を立てていたら、実現してたかもなぁ。

 

40. 海外のネトフリさん

デニス・ロッドマンが、まるでゾンビから逃げているかのようにメディアを見るや否や猛ダッシュするのを見て死ぬほど笑った。

 

41. 海外のネトフリさん

重いカメラを担いで猛スピードで走ったことには賛辞を贈ろう。

 

42. 海外のネトフリさん

間違いなくこのシリーズのトップ3の瞬間だったww

 

43. 海外のネトフリさん

一番笑えるのはロッドマンとメディアが通り過ぎる横で椅子に座ってる奴が「通常営業だけど」みたいな空気

 

44. 海外のネトフリさん

ジェリー・スローン:「彼が病気だとは知らなかった」

エピソードいちウケた。

 

45. 海外のネトフリさん

ジェリー・スローンのユーモアはクソwww

「これが最終スコアか?」

 

46. 海外のネトフリさん

彼は記者たちにいつもウイットに富んだたわごとを言うことで知られていた。

 

47. 海外のネトフリさん

エピソード9:良い

エピソード10:完璧な結末

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA