ファレル・ウィリアムス、Netflix新番組で “ゴスペル合唱団” オーディションの脚本・演出を担当!


司教であるファレル・ウィリアムスの叔父、エゼキエル・ウィリアムズがプロデュースを務めるNetflixシリーズのオーディション番組「Voices of Fire(原題)」が2020年後半に配信される。

本シリーズは、バージニア州ハンプトンローズで『世界で最も刺激的なゴスペル合唱団』を立ち上げるため新たな才能を発掘する模様を追う、台本なしのドキュメンタリー番組だ。脚本、演出にはファレル・ウィリアムズも加わる。

@strongblacklead/TW
@strongblacklead/TW

Netflixはシリーズについて、「ファレルの叔父で、この地域で最も尊敬されている音楽の天才 エゼキエル・ウィリアムズ司教と、影響力のあるゴスペル指導者のコアチームが、未知の才能を見つけるためにハンプトンローズへ冒険に出かける」と述べた。

また、「多様なバックストーリーが彼らの集合的な声により大きな意味を与えることができると信じ、あらゆる年齢、民族性、背景を持つ人々を探すでしょう」と期待を込めている。

@strongblacklead/TW

Netflixにおける最初のオリジナル音楽コンペティションプログラムである「リズム+フロー」の成功に続き、果たして次世代スターを発掘できるか?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA